VIOライン脱毛を体験して

昨年、VIOラインを脱毛しました。
そんなところ、別に脱毛しなくてもと思うかもしれませんが、実はこの部分の脱毛はここ数年、人気があるそうで、事実、私の周りでも、脱毛をしたという女子が何人かいます。

 

vio

 

以前に、ワキの脱毛をするために、脱毛サロンに通ったことがあり、そのときは1万円ぐらいだったのですが、そのサロンが感じがいいサロンだったので、他の部分も脱毛したいと思い、ヒザ下やヒジ下などの他の部分の脱毛を申し込むのとともに、VIOラインを脱毛することにしました。

 

毛を2,3日脱毛せずに、少し伸びた状態で、その部分にクリームを塗り、強い光を当てて、脱毛をしていくものです。
ワキの脱毛のときは、ちくっとした痛みを感じるものの、それほど気にはなりませんでした。

 

しかし、事前に説明をされていたように、Iラインを脱毛するときは、ちょっと痛みを感じました。
Vラインは紙パンツのようなものを履いて、仰向けに寝て、そのパンツをずらしながら、脱毛していくのですが、このあたりはまだ抵抗はほとんどありませんでした。

 

しかし、Iラインは仰向けに寝て、足を少し開いて、同じように、光を当てていくのですが、これが針で刺すような痛みでした。
ただ、それよりも、そのポーズが恥ずかしくて、それどころではありませんでした。
途中、スタッフの人が大丈夫ですか、と何回も声をかけてくれるのを遠くに聞いていました。

 

Oラインに入る頃には、もう恥ずかしさも半分マヒしていましたが、
こちらは横向きに寝て、スタッフの人が片方のお尻をちょっと上げながら、光を当てていってくれました。
こちらもIラインと同じように、ちょっと痛みを感じました。
初めの1回が恥ずかしさでいっぱいだったのですが、その恥ずかしさと対極にある、黙々と脱毛をし続けるスタッフの人を見ていたら、恥ずかしさはだいぶなくなってしまいました。

 

4回のコースで、ほぼほぼきれいに処理をすることができました。永久脱毛ではないので、完全に毛がなくなるというわけではないのですが、ほとんど気にならないぐらいにきれいになりました。
おかげで、水着を着るときに、ほとんど気にしないでよくなったので、助かっています。

 

脱毛をしている期間に、それほど気になることはなかったのですが、施術をしてもらって、1週間ぐらいすると、毛がチクチクと生えてきて、それがパンツにささるのが気になりました。
脱毛の出来は満足ですが、あまり披露する機会がないのがいいのか悪いのか。